【保育士試験・子育て経験者の身の丈解説】保育原理(H30年前期)問3

保育士試験

子育て一段落母ちゃんの保育士試験過去問解説コラムです。

アラフォー・アラフィフの母ちゃん仲間に分かる分かる~と思っていただけるような身の丈の独学応援解説目指します。(勿論その他の方々にも楽しんでいただけたら幸いです。)

主婦応援コンテンツなのでプロのような完成度はない代わりに、有償部分も一切ありません。
保育士試験自体は市販本も受験対策校も既に色々ありますから普通に勉強したい方はそちらにどうぞ。

過去問のダウンロードは一般社団法人保育士養成協議会 過去の試験問題のページから、
新しい保育所保育指針は厚生労働省のHPからダウンロードできますよ。(→5)保育所保育指針関係)
ただし、H30前期の試験までは旧保育所保育指針を使っているのでご注意ください。解説内では特に支障のない限り新しい保育所保育指針に沿って解説してます。

 

さて、今回のお題。

問3 次の文は、保育における人権の配慮に関する記述である。( A )~( C )にあてはまる適切な語句を【語群】から選択した場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。
「児童福祉施設の設備及び運営に関する基準」(昭和23 年厚生省令第63 号)第9 条では、「児童福祉施設においては、入所している者の( A )、信条、社会的身分又は入所に要する費用を負担するか否かによって、( B )取扱いをしてはならない」とされており、この方針は、子どもの人権の配慮とともに「保育所保育指針」第1 章「総則」において、保育所の( C )の一つとして明記されている。
【語群】
ア 国籍   イ 個性   ウ 社会的責任  エ 排除的
オ 倫理観  カ 差別的  キ 性別     ク 説明責任
(組み合わせ)
A B C
1 ア エ ウ
2 ア カ ウ
3 イ エ ク
4 キ カ オ
5 キ カ ク

※設問に出てくる「児童福祉施設の設備及び運営に関する基準」(昭和23 年厚生省令第63 号)は厚生労働省HPからダウンロードできます。しかし、このHPに載ってるのは保育所のところが略されている様子、、何でだ(;´Д`)

他のところで略されていない5章の部分があったので一応5章部分だけのを作ってみました。興味のある方はどうぞご覧ください☆

※保育士試験では「社会的養護」や「児童家庭福祉」等他の科目でも児童福祉施設の職員配置基準等が出ることもありますので、これだけ覚えたらOK!というわけではありません。念のため。

 

さて本題に戻りましょう。
この「児童福祉施設の設備及び運営に関する基準」の9条は3つの項目があるのだけれど、一言でいえば入居する児童にやってはいけないことを定めている。

(入所した者を平等に取り扱う原則)
第九条 児童福祉施設においては、入所している者の国籍、信条、社会的身分又は入所に要する費用を負担するか否かによつて、差別的取扱いをしてはならない。
(虐待等の禁止)
第九条の二 児童福祉施設の職員は、入所中の児童に対し、法第三十三条の十各号に掲げる行為その他当該児童の心身に有害な影響を与える行為をしてはならない。
(懲戒に係る権限の濫用禁止)
第九条の三 児童福祉施設の長は、入所中の児童に対し法第四十七条第一項本文の規定により親権を行う場合であつて懲戒するとき又は同条第二項の規定により懲戒に関しその児童の福祉のために必要な措置を採るときは、身体的苦痛を与え、人格を辱める等その権限を濫用してはならない。

どこの国籍だからとか、こういう考えを持っているからとか、卑しい生まれだからとか金が無いからとかで差別してはいけない。
虐待してはいけない。
立場を利用して弱い者いじめをしてはいけない。

私は至極当たり前のことだと思うのだけれど。。。
でも、特定の地域に住む人や、特定の国の人を見下して、ヘイトを正義と主張をする人もいる世の中。
何が差別になるのか・虐待になるのかということを明記しておかないと、人を理不尽に傷つけているということ自体を認めない人も多そうだ。
(自分やわが子を否定される辛さを想像する頭があるなら、分かることだろうに!)

この問題では9条の2と3は出ていないので虐待のことは関係ないのだけれど、私自身母親との関係で今思えばあれは虐待だったな…と思うことがあるので、虐待に関してはまた別の機会に熱く語りたいと思います。(今すぐにでも書きたいけど、本旨とずれるので抑えつつ、、)

 

ということで、今回は9条で規定されている差別的取扱いの内容をしっかり覚えておきましょう。

・国籍
・信条
・社会的身分
・入所に要する費用を負担するか否か

この4つですが、単に記憶するのではなくて、具体的な差別のイメージを思い浮かべたらよいかと思います。
悲しいことに人を傷つける言葉はネット上に沢山溢れてるので、リアル差別はすぐに見つけることができる(特に国籍)
どんなにごちゃごちゃ理由をつけて相手が間違っていることをあげつらっても、だから何の繋がりもない人間から攻撃されて当然ということもないわけで。
それが差別発言であること、そしてそれは許されることではないとハッキリ言える人がホント増えてほしい。。(-_-;)

差別自体はどうしても人間、人の上に立ちたいという本能がある限り無くなることはないと思うけれど、心の中にとどめるか、実際に相手を傷つけるかは大きな違いですからね。
しかしあれ、リアルに当事者に面と向かって言えないからって匿名で暴言吐く人ってホント卑怯で可哀そうな人。
(直接当事者に言って名誉棄損で逮捕されるなら、バカだなとは思うだろうけどまだ骨があるなとか思える部分もがあるだろうに)

ごめん、Yahoo!ニュースのコメント欄とか見てるといつもイラっとするので感情的になりました。話を戻そう。

 

「児童福祉施設の設備及び運営に関する基準」(昭和23 年厚生省令第63 号)第9 条では、「児童福祉施設においては、入所している者の( A )、信条、社会的身分又は入所に要する費用を負担するか否かによって、( B )取扱いをしてはならない」とされており、この方針は、子どもの人権の配慮とともに「保育所保育指針」第1 章「総則」において、保育所の( C )の一つとして明記されている。

(A)はア・国籍、(B)はカ・差別的、となると選択肢は2に決定、ということで(C)に入るのはウ・社会的責任!
(保育所の社会的責任については問1で出たので、内容を忘れてたらついでに確認しておきましょう)

というわけで答えは1番!

これは(A)に国籍が入ると分かれば、絞られる答えの選択肢は1と2は両方とも(C)ウ社会的責任になるので(B)で差別的と排除的どちらが入るか、、と考える解き方もできますね。

排除というのは差別の一つの表れだと思うので、排除じゃなければ差別的取扱いをしてもよいのか?という考え方で導き出せるかもしれません。でもこれは言葉を覚えておいた方が早いと思う。

 

ということで今回もクイズを用意しときましたので、「児童福祉施設の設備及び運営に関する基準」9条しっかり叩き込んで下さい☆

にほんブログ村 資格ブログ 保育士試験へ
にほんブログ村

更新したらプッシュ通知でいち早くお知らせいたします(*´ω`*)

画面の問題でクイズが見えにくい方はこちら